女性

効能を理解して活用する

口元

ヨーグルトの口臭対策効果があると知らない方も多いでしょう。ヨーグルトは乳酸菌が豊富に含まれており、便秘解消効果しかないと思っている方がほとんどです。しかし、この乳酸菌が口臭対策として大きな働きをしてくれるのです。口臭は口内だけでなく胃腸の状態が原因になっている場合もあり、その場合ガムなどで口内対策をしても意味がありません。ほんの数分間は効果がありますが、ガムの味がなくなると同時に臭いの効果も薄れてきます。胃腸が原因の場合は乳酸菌の働きを利用した方が良いです。乳酸菌にはカテキンと同じように殺菌作用があると言われているからです。乳酸菌が腸内に到達すると乳酸菌が活発化し、悪玉菌を排除して善玉菌が増加します。悪い菌がいなくなることで口臭が減少します。そして、同時に便秘も解消されます。乳酸菌を摂取したいと思っている方はヨーグルトを朝食べた方が良いです。胃酸に非常に弱いため、胃酸に強いヨーグルトを購入した方が良いです。

ガムや飴玉、タブレットなどはヨーグルトのように根本的な原因を解決することは難しいですが、にんにくなどを食べた時の口臭予防を即時に出来る役割はあります。ガムやタブレットにはキシリトールが含まれています。このキシリトールは爽快な香りがするので、口臭を押せることが出来るのでしょう。辛いタイプが苦手と言う方は甘いガムなどでも良いです。焼き肉などを食べにいく予定がある際はこのような対策食品を持つようにしましょう。ガムや飴玉、タブレットを食べると唾液が自然に出てくるので、口渇を防ぐことは可能です。